医院ブログ 月: 2019年6月

e-park
キービジュアル

必見!部分入れ歯の臭いの原因

2019年06月25日

部分入れ歯をしていると、会話のたびに「入れ歯が臭っていないか?」と心配になりませんか。部分入れ歯は、被せ物と比べると臭いが付着しやすくなる傾向があります。それはなぜでしょうか。

 

 

部分入れ歯が臭いやすい理由とは

食事をするためには、まずしっかりとした歯が必要となります。ところが、虫歯や歯周病などが原因で歯を失ってしまうと、噛む機能を取り戻す治療が必要となります。その機能回復手段の代表的な治療法が、入れ歯です。

部分入れ歯は固定式のブリッジやインプラントと異なり、着脱式の義歯です。取り外してお手入れをする部分入れ歯ですが、臭くなりやすい理由としては、次のような理由が考えられます。

・入れ歯がきれいに洗浄されていない

入れ歯は毎食後ごとに外し、きれいに洗い流しておきます。ところが入れ歯をずっとはめたまま過ごしていると、入れ歯に汚れが溜まって雑菌が繁殖するため、臭いの原因となります。

 

・プラスチック素材の入れ歯は雑菌が繁殖しやすい

保険適用の入れ歯はプラスチック素材で作られます。プラスチックは細かな傷が付きやすく、そこへ汚れや雑菌が入り込むことで臭いの原因となってしまうことがあります。

 

・入れ歯のバネをかける歯に汚れがついている

入れ歯のバネをかける歯やバネに食べかすや汚れがついたままにしておくことで、口臭の原因となります。

 

・しっかり噛めないことによる唾液不足

合わない入れ歯ではしっかり噛むことができません。噛むことで唾液が分泌されて雑菌を洗い流しますが、入れ歯が合っていないとしっかりと噛めず、唾液の分泌量が減って口内の雑菌が繁殖し、入れ歯が臭くなってしまいます。

 

・入れ歯が割れている

入れ歯は人工物のため、衝撃などが加わると割れてしまうことがあります。また気づかない間にヒビが入っていることもあり、そこへ雑菌が入り込んでしまうことがあります。

 

入れ歯=臭いと言われないために

入れ歯は使い方により臭いの原因となり、入れ歯=臭いというイメージが選考してしまいます。入れ歯が臭う原因は、汚れが残ることによる細菌繁殖が大半です。

入れ歯が臭わないようにするためには、常に入れ歯とお口の中を清潔にすることです。

入れ歯は毎食後ごとに流水で洗い流し、日に一度は入れ歯洗浄剤を使うことをおすすめします。

また自分の歯を丁寧に磨き、プラークがたまらないようにすることも大切です。特にバネをかける歯は虫歯や歯周病になりやすいため、しっかりと歯磨きをすることと、定期検診を受診することを心がけて下さい。

 

入れ歯はあなたの体の一部です。快適な毎日を送るためにも、入れ歯とお口の中を清潔に保つようにしましょう。

40代以降は要注意・・・?

2019年06月24日

「加齢臭」という文字を目にしたり耳にしたりする機会が増えました。あまり良いイメージがないこの言葉は、体臭だけでなくお口の中の臭いも含まれているようですが、年齢を重ねるごとに、お口の中の臭いも変化していくのでしょうか。

 

 

40代以降は要注意・・・?

これまでは何も気にならなかった自分の臭いが、ふとした瞬間から気になってしまう人は意外に多いのではないでしょうか。30代のころは特に気に留めなかったのが、40歳を過ぎる頃から、これまでに感じたことのない臭いが少しずつ強くなっていきます。この臭いがいわゆる「加齢臭」と呼ばれるもので、中年および高齢者特有の臭い」なのです。

加齢臭の原因として、ノネナールという物質が挙げられます。若い世代にはまず検出されないノネナールが、年齢を重ねるごとに増え、加齢臭となって現れ出ます。

 

加齢臭のもとになるのはノネナールだけではありません。女性の場合、女性ホルモンの原減少も加齢臭の原因のようです。つまり加齢臭は男性だけでなく、女性にも起こる現象なのです。

 

 

加齢とともに変わるお口の臭いの原因とは

口臭は、もっとも臭いを感じやすいもののひとつで、皮膚の臭い以上に相手にダイレクトに伝わります。

若い頃の口臭は虫歯や歯磨き不足、喫煙、アルコールの多量摂取、胃の不調などにより起こりやすくなりますが、年齢を重ねるごとに増殖する加齢臭による口臭は、独特の臭いがします。

昔「おじいちゃん、お口くさい」とお孫さんが言い切るCMがありましたが、そのCMでもわかるように、高齢者=口臭がきついというイメージが持たれています。これはあながち嘘ではなく、大多数の高齢者が、若い人と比べると口臭がきつくなる傾向が否めません。

 

40代以降にお口の加齢臭が増加するのには、いくつかの理由が考えられます。

 

まずは歯周病の悪化です。40代になると、大多数の人が歯周病にかかっています。きちんと定期検診を受け、口腔内が良好であっても、少しずつ歯周病は進行します。しかし歯周病であること真摯に受け止めないと、40代でも加齢臭が進行していきます。

なお歯周病の治療を受けずに放置しておくと歯周病が悪化し、強烈な臭いを放つようになります。

 

歯周病以外で考えられる原因は、口腔内の細菌の増殖です。年齢を重ねるにつれて免疫力が低下し、細菌を退治する力が弱まってきます。そのためお口の中や内臓に関する細菌を退ける力が衰え、高齢者特有の口臭となって現れるのではないかと考えられます。

 

そして天然歯から人工歯の数が増えるにつれ、細菌が繁殖しやすくなることも原因ではないかと言われています。銀歯やブリッジ、入れ歯などの人工歯は細菌が付着しやすく、臭いの元となってしまいます。

高齢になるにつれ「お口が臭い」と思われないためにも、歯周病の悪化を防ぎ、定期検診をきちんと受けてお口の中の健康を保つとともに、体調管理もしっかりと行い、健康的な生活を送るように心がけましょう。

妊娠中トラブルにならないために定期健診に行きましょう

2019年06月21日

妊娠中は、妊娠していないときと比べてトラブルがよく起こりがちです。虫歯や歯肉炎などのトラブルから歯の健康を守るためには、定期検診が最も有効ですが、それは妊娠中も同じことが言えます。むしろ妊娠中こそ、定期検診の受診がおすすめですが、その理由について述べたいと思います。

 

歯の健康を維持するための定期検診とは

体の健康は、まずお口の中の健康から始まります。毎日歯磨きを行っていても、どうしても取り除けない汚れというものがあり、そのままにしておくことでやがてプラークと化して、虫歯や歯周病を引き起こしてしまいます。

プラークはおよそ3ヶ月で作られると言われているため、お口の中に異常がなくても、3ヶ月から6ヶ月にいちどは、歯科医院で定期検診を受けることが推奨されています。

 

と言うのも、痛いときや調子が悪いときだけ歯科医院を受診することと、痛みがなくても定期的に検診を受けることでは、その後の残存歯の数が大きく異なるという結果が報告されているからです。

 

いつまでも自分の歯で食事を楽しむためには、定期検診が欠かせないのです。

 

 

妊娠中でも是非定期検診を受けましょう

冒頭でも述べたとおり、妊娠中はホルモンバランスの変化などが影響し、お口の中の衛生状態が保ちにくくなる傾向が強くなります。そのため汚れが残りがちになり、虫歯や歯肉炎の原因となるプラークが蓄積されやすくなってしまいます。

つわりの時期が過ぎればきちんと歯磨きをしよう、と思っていても、ついそのまま過ごしてしまいがちになり、歯のことが後回しになってしまうことも考えられます。

そのときは気になる症状が出ていなくても、妊娠後期や産後になり、それまで気にならなかった症状が出てくると、なかなか歯科医院に足が向けにくくなってしまうことが考えられます。

特に産後は赤ちゃんのお世話があり、預け先も見つからない場合、なかなか受診ができないかもしれません。

このような事態を避けるためにも、妊娠中に検診を受けておくことをお勧めします。つわりが終わる、安定期と呼ばれている中期に受けるといいかもしれません。

もし虫歯が見つかった場合、早期に治療すると治療が軽く済み、歯肉炎の場合はブラッシング指導を受けたり、歯石除去やクリーニングを受けることで症状が改善するでしょう。特に妊娠中の歯肉炎は、のちに歯周病に移行する場合があります。妊娠中に歯周病になると、早産やそれに伴う低体重児出産を引き起こしてしまうため、歯周病にならないよう気をつけておく必要があります。

 

なお妊娠中の検診は、自治体により無料で受けることができる場合があります。

また歯科医院により、保険適用で検診を受けることができるケースもあるため、いちどかかりつけの歯科医院に尋ねてみるとよいでしょう。

 

生まれてくる赤ちゃんのためにも、妊娠中からお口の中を健康に保っておきましょう。

妊娠中の歯のトラブルに注意して

2019年06月20日

妊娠中の方は、そうでない方に比べると虫歯や歯肉炎になりやすい傾向があります。お口の中をトラブルから守るためにも、妊娠中から適切な治療を行っておくことをおすすめしますが、妊娠中の方の心配事のひとつに、レントゲン撮影があります。では妊娠中のレントゲン撮影は影響があるのでしょうか。

 

妊娠中にお口の中のトラブルが起こりやすいのはなぜ?

ではなぜ妊娠中は、虫歯や歯肉炎などのトラブルが起こりやすいのでしょうか。考えられる原因のひとつとして、つわりの影響で歯磨きが不十分な状態になってしまうことが挙げられます。

 

つわりは、妊娠に伴うホルモンバランスの変化により起こります。その代表的な症状が、吐き気です。つわりを経験した方はおわかりになると思いますが、あの吐き気に悩まされ、歯ブラシを口の中に入れるだけで気持ち悪くなる方も大勢いらっしゃいます。

 

歯磨きが不十分になると、お口の中に汚れが残ったままとなり、細菌が繁殖してプラークを作ります。プラークは細菌の塊で、虫歯菌や歯周病菌がお口の中に存在すると、そこへ棲みついて酸や毒素を放出し、虫歯や歯肉炎を引き起こしてしまいます。

 

嘔吐が多くなると、胃酸が歯の表面を溶かし、歯質を弱めて虫歯になりやすくなります。

また妊娠初期はホルモンバランスの急激な変化により、非妊娠時よりも歯ぐきが腫れやすくなっているため、歯肉炎になりやすい状態となっています。

 

 

妊娠中のレントゲン撮影は大丈夫?

虫歯になっていないかどうか、また歯肉炎が悪化して歯周炎になっていないかどうか、顎の骨の状態を確認する場合、症状の確認手段として、パノラマレントゲン撮影がよく行われます。よりしっかりとした診断が必要なケースでは、歯科用CTを使うこともあります。

 

ここで妊娠中のレントゲン撮影に不安を感じる方も多いでしょう。特に妊娠初期のX腺撮影は、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼす危険性があるとも言われています。

 

しかし歯科用レントゲン撮影は、医科の胸部や腹部レントゲンに比べ、お腹の赤ちゃんに影響を与えるほどの被爆量ではありません。妊娠中のレントゲン撮影を行うことによるお腹の赤ちゃんへの影響はおよそ2500回の撮影と言われており、それほどの回数のレントゲン撮影を行うことはまずありえません。

 

また撮影時には防護エプロンを装着しますので、心配する必要はありません。

 

 

妊娠中に必要な治療や、お口の中のケアを行っておきましょう

妊娠中のレントゲン撮影への心配が浮かぶでしょうが、それよりも大切なことはお口の中のケアを行い、虫歯や歯肉炎が確認されたらできるだけ速やかに治療を済ませておくことです。体調により、痛みを緩和させるだけの処置や、産後に本格的な治療を行うほうがよいと診断されるケースもありますので、妊娠中に「虫歯かも?」「歯ぐきから出血しているな」などといった症状が現れた場合、悪化させないためにも体調のよい日を選んで歯科医院を受診しておきましょう。

 

またお腹が大きくなる妊娠後期に入る前に、歯石除去やクリーニングを行っておくのもおすすめです。

お口の中の健康管理が、お母さんだけでなく生まれてくる赤ちゃんの口腔ケアにも繋がるのです。

その入れ歯はきちんとあなたに合っていますか

2019年06月19日

もし歯を失ってしまって入れ歯になったら、その入れ歯はあなたの噛む機能をサポートするために欠かせないものとなります。つまり、あなたの体の一部となり、体の健康に欠かせないものとなるのです。しかし、入れ歯はただ噛めればいいというわけにはいけません。

では、入れ歯において大切なことはどのようなことなのでしょうか。

 

きちんと噛める入れ歯であること

噛む機能を回復させる入れ歯ですが、合っていない入れ歯になると痛い、入れ歯が外れる、食べ物が挟まってしまうなど使いにくいと感じてしまいます。

入れ歯とは、本来あった歯を失った代わりに入れる義歯です。そのためきちんと噛み合う入れ歯が作られないと、いつまでたっても噛めない、痛いと苦痛に感じてしまうでしょう。

あなたの入れ歯はきちんと噛むことができますか?

 

 

一点でも噛み合わないと全体がおかしくなる

「入れ歯を入れてからしっかり噛めて、快適に過ごせている」場合は、本当にご自身にフィットした良い入れ歯でしょう。歯ぐきにぴったりと合い、噛み合わせに何の違和感もない入れ歯の場合、この先もずっと快適な入れ歯での生活を送ることができると考えられます。

 

いっぽう、何度調整しても歯ぐきが痛い、噛めない、ズレて入れ歯が落ちるなど、トラブルが多い場合、入れ歯そのものが合っていません。これは作製段階に問題があったのか、いつまでも入れ歯に慣れず、以前の入れ歯を使っている、あるいは入れ歯を外して歯ぐきで噛んでいるなどが考えられます。

入れ歯は噛み合わせがとても重要です。とこか一点でも噛み合わないと、全体の噛み合わせがおかしくなり、いつまでたっても使えない入れ歯となってしまうでしょう。

 

入れ歯と長く付き合うためには

入れ歯を入れたために食事ができなくなってしまうことは本末転倒です。痛くなく、きちんと噛める入れ歯で生活するためには、きちんと咬合調整を行うことが第一です。

義歯は、使ってみなければわかりません。どこが当たって痛いか、金具は緩くないかなど、納得のいくまで相談をし、調整を行いましょう。

 

また入れ歯を作り変える際、保険の入れ歯ではどうしても限界があります。自費の入れ歯の場合、保険のものに比べて製作工程が丁寧で、時間をかけて作ります。

また素材も保険のものに比べると格段に優れており、ご自身にぴったりとフィットした入れ歯が作製できるでしょう。

失った歯はもう元には戻りません。新たな義歯は、これから先あなたのお口と体の健康を守るパートナーという欠かせない存在になります。

 

 

入れ歯がご自身の体の一部のように馴染むためにも、入れ歯でお悩みの方は、担当医としっかり相談し、納得の行く治療を受けるようにして下さい。

入れ歯のお手入れ方法

2019年06月18日

入れ歯を清潔に保つためには、入れ歯をきちんと洗浄することです。しかしただ単に水で洗い流すだけでは細かな汚れはなかなか落ちません。入れ歯を長持ちさせるためにも、入れ歯専用の洗浄剤を使うことをお勧めします。

 

入れ歯は細菌がつきやすい

入れ歯を入れて食事を行うと、どうしても食べかすが入れ歯に付着してしまいます。また食べかすだけでなく細菌も付きやすく、お口の臭いの原因となってしまいます。特に保険の入れ歯の場合、素材が樹脂であることから汚れや細菌が付きやすいのがデメリットのひとつです。

 

毎食後に流水できれいに洗い流すことで、ある程度の汚れを落とすことができますが、臭いや汚れをきれいに取り除くためにはやはり専用の洗浄剤を使うことが望ましいでしょう。

 

 

入れ歯洗浄剤について

入れ歯につく汚れは食べかす、細菌やカビ、歯石、茶渋やタバコのヤニなどがあります。

まず日常的な飲食による食べかすが主で、たんぱく質、炭水化物、脂肪分などによる汚れが付着します。

入れ歯には目で見えないほどの小さな穴があり、このような食べかすが原因で細菌やカビが繁殖してしまいます。

そして実は入れ歯にも歯石が付着します。意外に思われるかもしれませんが、この食べかすや細菌が原因となって歯石が付着してしまうのです。

 

天然歯と同じく、入れ歯の人工歯部分に茶渋やタバコのヤニも付着します。歯ブラシでこすってもきれいに落ちず、かえって樹脂部分を傷つけて汚れが付着しやすくなってしまいます。

 

 

入れ歯の汚れは入れ歯洗浄剤を使うのがベスト

上記の汚れは、流水や歯ブラシを使って擦るだけでは落とすことができません。入れ歯の汚れは、やはり専用の入れ歯洗浄剤を使うことが、入れ歯をきれいに保つための近道です。

市販の入れ歯洗浄剤には洗浄作用の他に漂白作用、酵素によるたんぱく質の分解作用、そして水洗いでは落ちない汚れを落とす作用が含まれています。

 

使い方は簡単で、一日一度、容器に水かぬるま湯を入れ、そこへ入れ歯洗浄剤を入れます。発砲するタイプが多いですが、その中で入れ歯を入れておきます。

就寝前は入れ歯を外すため、就寝前に行う事が最も効果的でしょう。起床後のお口の中は最も不潔なため、起床後に歯磨きを行ってお口の中をきれいにしてから入れ歯を装着して下さい。

市販のものは5分ほど漬けておくだけで汚れが落ちるものが多いため、急いでいるときや、前の晩に洗浄剤による洗浄を忘れたときは、ぬるま湯に洗浄剤を入れて使用するとよいでしょう。

入れ歯洗浄剤による洗浄は、一日一度で十分です。それ以外は、食後に入れ歯を外して水洗いして汚れを落としておきましょう。

 

長く入れ歯を使うためにも、入れ歯はいつも清潔に保っておくことが大切です。入れ歯洗浄剤を上手に使い、お口の中をきれいにしておきましょう。

歯を失ってしまう2大原因

2019年06月13日

皆さんは、歯を失ったらどうしようと思いますか?大部分の人は「入れ歯」が思い浮かぶでしょう。確かに入れ歯は歯を失ってしまった倍あの機能回復手段として最もスタンダードな治療法です。しかしここでいったんよく考えてみて下さい。あなたはなぜ入れ歯が必要になってしまったのでしょうか。

 

歯を失う原因とは

歯を失う2大原因は、虫歯と歯周病です。特に最近では、歯周病の悪化により歯を失う人が急増しています。というのも、歯周病は虫歯と異なり、痛みをあまり感じないまま症状が悪化するからです。

 

 

虫歯の場合、痛みを感じて歯科医院を受診した頃には、症状が神経まで達しています。ここで根の治療をきちんと行い、土台を立てて被せ物をきちんと被せておけば、一応自分の歯を保つことができます。

ところが痛みを放置すると、神経は死に、いったんは痛みが治まります。しかし歯はすっかり溶け、根だけになってしまうため、歯を残すことができません。残念ながら抜歯となり、自分の歯を失ってしまうことになります。

 

 

いっぽう歯周病は、歯ではなく、歯を支える歯周組織に炎症が起こる病気です。最初は歯ぐきの腫れや歯磨き時の出血といった症状が起こります。この状態では痛みをかんじることはほとんどありません。そのまま放置すると、歯周病菌が根の中に入り込み、歯を支える歯槽骨に炎症が広がってきます。炎症が広がると口臭がひどくなり、歯が少しずつ揺れ始めます。さらに症状が進むと歯ぐきはますます腫れ、噛むと痛みを感じ始めます。膿が溜まり、ますます口臭がきつくなって排水溝のような強烈な臭いを放ちます。

歯の揺れはますますひどくなり、噛むことが困難になりはじめ、最終的には歯が抜け落ちてしまうか、抜歯となります。

 

近年では、この歯周病により歯を失うケースが急増しています。

 

 

歯を失わないためにすべきことは?

「歯を失ったら入れ歯にすればいいじゃないか」と思うかもしれません。しかし、実際入れ歯になった患者さんの声を聞くと、「入れ歯は痛い、合わない、食べ物が挟まる、食べ物が美味しく感じない、臭いが気になる・・・」など、噛めてはいるものの、不便を感じている様子がよくわかります。入れ歯になってはじめて自分の歯で噛める幸せを感じるものです。

では入れ歯にならないためにはどうすればよいのでしょうか。それは、歯磨きをしっかりと行うとともに、歯科医院で定期検診を受けることです。

定期検診を受けることで、虫歯や歯周病になっていないかなどをチェックし、もし異常が見つかれば、早い段階で治療を行うことができます。早く治療をすれば最小限の治療で済み、歯を失うことはそうそうないでしょう。

 

大切なことは、治療の技術ではありません。どんな高度な設備や技術を持ってしても、失った歯を元に戻すことはできないのです。歯を失わないようにするために、そして一生自分の歯で食事を楽しむためにも、定期検診ほど大切なことはないのです。

歯を失って入れ歯にならないよう、ぜひ定期的に歯科医院へ通いましょう。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。また、セカンドオピニオンも積極的に実施しています。

〒572-0042大阪府寝屋川市東大利町11-4
072-803-7016

  • 駐車場完備
  • 診療時間8:00~17:00 (最終受付16:30)
  • 休診日木・土・日・祝
診療時間
8:00〜17:00

※最終受付 16:30

このページの先頭に戻る