歯茎からの出血を甘くみてはいけません

e-park
キービジュアル

歯茎からの出血を甘くみてはいけません

2019年07月12日

歯磨きをしていたら歯ぐきから血が出てきた・・・。こんな経験はありませんか?歯ぐきからの出血は歯肉炎と呼ばれる症状で、磨き残しに原因があるのです。

 

歯ぐきからの出血は、歯肉炎のサイン

毎日きちんと歯磨きをしているのに、歯磨きのたびに出血する場合、磨き残しが原因で起こる歯肉炎が考えられます。

歯肉炎とは歯ぐきの炎症で、主な症状は歯肉の腫れと出血です。健康な歯ぐきの場合、歯肉がピンク色で引き締まっています。

いっぽう歯肉炎を起こしている歯ぐきは赤く、指で触るとプヨプヨと腫れていることがわかります。炎症を起こして赤く腫れている歯ぐきの場合、歯ブラシの毛先が当たるだけで出血してしまいます。

 

 

歯肉炎をそのままにしておくと、やがて歯周炎へと進行する

ブラッシングが十分でない場合、お口の中に食べかすや汚れが残って、プラーク(歯垢)が作られてしまいます。お口の中には非常に多くの細菌が棲みついており、食べかすを栄養源としてプラークを作り出し、色々なトラブルを引き起こします。

つまりプラークは細菌の塊なのです。歯ぐきが腫れる場合、プラークが歯に付着することで歯周病の元となる細菌が棲みつき、毒素を放出して歯ぐきに炎症を引き起こすのです。

 

歯肉炎の症状をそのままにしておくと、やがて歯周炎へと進行します。歯周炎とは、歯を支える歯周組織に炎症が起こり、やがて顎の骨が吸収されて歯が抜け落ちていく病気で、一般的に歯周病と言われています。

 

歯ぐきの腫れと出血という同じような症状が起こる歯肉炎と歯周炎の違いは、炎症の範囲の広さです。歯肉炎は歯ぐきのみに炎症が起こりますが、歯周炎になると炎症の範囲が歯ぐきだけでなく顎の骨など範囲が広くなり、歯を支えることが難しくなってきます。

 

このように、たかが歯ぐきの腫れと歯肉炎を軽く考えると、やがて歯周炎へ進行し、最後には歯が抜け落ちてしまうのです。

 

適切なブラッシングと歯科医院でのクリーニングで健康な歯ぐきを保ちましょう

 

歯肉炎を引き起こす磨き残しは部位に関係なく、歯と歯ぐきの境目が最も多く見られます。歯ぐきの腫れや出血は比較的どの年代でも起こりますが、実は適切なブラッシングで改善することが可能です。

歯ブラシの毛先を、歯と歯ぐきの境目に当てて歯ブラシを細かく動かします。歯ぐきをマッサージするような感じで一本一本丁寧に磨くようにします。

 

また、就寝中は唾液の分泌が減り、細菌が爆発的に増殖する時間帯です。口腔内の細菌の活動をできる限り抑えるようにするためにも、就寝前の歯磨きは、特に丁寧に行うように心がけましょう。

歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシを使って、歯間ケアも忘れずに行ってください。

そして歯科医院で定期的に歯のクリーニングを受けることも、歯ぐきの腫れを予防する効果が期待できます。プラークをすっきりと落とし、トラブルからお口の健康を守るためには歯科医院での定期検診や予防治療が欠かせません。

 

しっかりと歯磨きを行い、定期検診を受診することで健康なお口の中を維持するよう心がけましょう。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。また、セカンドオピニオンも積極的に実施しています。

〒572-0042大阪府寝屋川市東大利町11-4
072-803-7016

  • 駐車場完備
  • 診療時間9:00~17:00(最終受付16:30)
  • 休診日土・日・祝
診療時間
9:00〜17:00

※最終受付 16:30

このページの先頭に戻る