あなたは健康な身体の未来がいいですよね?だったら定期検診にいきましょう。

e-park
キービジュアル

あなたは健康な身体の未来がいいですよね?だったら定期検診にいきましょう。

2019年03月25日

 

定期検診は、歯の健康を維持するとともに、全身の健康を守る役目を果たします。では当院における定期検診の考えをご紹介したいと思います。

 

プラークは、約3ヶ月で作られてしまいます

歯が痛くなくても、定期的に歯科医院を受診することにどのような意味があるのでしょうか。歯の定期検診を受ける目的は、歯を失う原因となる虫歯や歯周病から歯の健康を守り、良い状態を維持することです。

 

虫歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)は、およそ3ヶ月で作られます。毎日きちんと歯磨きをしていれば、歯垢なんて付かないのでは、と思われるかもしれませんが、どんなにきちんと磨いていても、プラークは形成されてしまいます。

プラークは、虫歯や歯周病の原因となる細菌の塊で、そのままにしておくとどんどん増殖し、やがて歯や歯ぐきにトラブルを引き起こしてしまいます。

 

定期検診では虫歯や歯周病の兆候はないかどうかを確認するとともに、歯石除去や歯のクリーニングを行い、プラークを除去します。定期検診は、プラークを取り除くことでお口の中の衛生状態が良好なものとなり、虫歯や歯周病のリスクを下げて口腔内の健康を維持することを最大の目的とするのです。

 

 

歯の健康を維持することについて

定期検診を受けるもうひとつの目的は、歯の健康を維持することを通じて、全身の健康を保つことです。

お口の中と体の健康は、一見すると無関係のように思えますが、実は切っても切れないほど深いつながりがあるのです。

 

食べ物をしっかり咀嚼するためには、健康な歯が必要です。ところが、虫歯や歯周病などで歯を失ってしまうと、しっかり噛むことができません。噛めないと、まず脳の活性化に影響が出てしまいます。噛むことで脳に刺激が伝わり、脳の働きを活性化させますが、歯を失ってしまうとかむ力が弱くなり、脳への刺激が行き届きにくくなります。そのため認知症を引き起こす要因となってしまいます。

 

また虫歯などで歯の痛みがある、あるいは歯周病が進行すると噛みにくくなります。噛みにくくなると唾液が分泌されにくくなります。唾液が少ないと、消化不良を起こしやすくなり、胃腸に負担がかかりやすくなってしまいます。

繊維質や歯ごたえのあるものなどが噛めなくなり、栄養バランスがわるくなってしまうことから、健康にも少なからず影響が出てしまうため、歯や歯ぐきが健康であることは非常に重要なのです。

このように定期検診を受診することは、歯をトラブルから予防してよい状態を維持すること、虫歯や歯周病などトラブルの早期発見、そしてお口の健康から全身の健康を守るために役立ちます。皆様も是非、お口と体の健康管理のために定期検診を受診して下さい。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。また、セカンドオピニオンも積極的に実施しています。

〒572-0042大阪府寝屋川市東大利町11-4
072-803-7016

  • 駐車場完備
  • 診療時間9:40~18:00
  • 休診日土・日・祝
診療時間
9:40〜18:00

このページの先頭に戻る