かわさき歯科医院|寝屋川市駅から徒歩5分の歯医者。駐車場完備。

e-park
キービジュアル

口の中に溜め込み、飲み込まないという相談が増えています。適切な一口量をかじり取りさせましょう

2019年03月15日

小児歯科には、虫歯を主訴とした患者さんが多くいらっしゃいますが、食事の仕方に異常を感じてご来院いただくことも多々あります。お子さんが食事の際、食べ物を口の中に溜め込み、なかなか飲み込まないという相談は意外に多いものです。ここではそんなお子さんの食べ方や飲み込み方の異常や対処法について詳しく解説します。

 

 

口の中に溜め込んでしまう理由

 

食べ物をお口の中に溜め込んでしまう理由はいくつか挙げられます。まず考えられるのは、食物をお口の中に入れる量です。いわゆる「一口量」と呼ばれるものが多すぎると、なかなか飲み込めず、お口の中に溜め込んでしまうこととなります。これは小さなお子さんに限らず、私たち大人にとっても同じことですね。大きな食品を丸ごとお口の中に放り込んでしまうと、咀嚼するのに苦労して、嚥下するまでにはそれなりの時間がかかります。

 

 

一口量を調節してあげる

 

小さなお子さんは、まだまだ食行動が未熟であるため、どれくらいの量をお口に入れたら適切なのか判断できません。そこで重要となるのが、お母さんやお父さんなど身の回りの大人が適切な一口量を調節してあげることです。食欲はあって食べ物を口に運ぶのに、なかなか飲み込まないという行動が見られたら、一口量を調節することで、簡単に改善することがあります。私たち大人が当たり前と思っている行動でも、お子さんにとっては学習の必要なことである場合も少なくないので、その点に配慮しながらお子さんの食行動を観察してみてください。

 

 

嚥下機能に異常が見られる場合

 

食べ物をお口の中に溜め込んで飲み込まない理由として、嚥下機能の異常が認められる場合もあります。これは一口量とは関係ないため、お口の中に入れる食べ物の量を調節しても改善することはありません。嚥下機能の異常に関しては、口腔機能発達不全症との関連も疑われますので、まずは歯科医院を受診しましょう。「食べ物を飲み込む」というのは、生きていく上でとても大切な機能なので、異常が疑われたら専門科である歯医者に意見を求めましょう。とくに成長期のお子さんであれば、適切な処置や訓練を行うことで、正常な方向へと発育を促すことも可能です。

 

 

まとめ

 

このように、お子さんが食べ物を飲み込まないというのは、一口量が多すぎるケースが多いです。とてもシンプルなことですが、正しい食行動を身に付けていく上では非常に重要です。もちろん、飲み込まない、あるいは飲み込めない理由は他にも考えられますので、気になる方は小児歯科を受診してみてください。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。また、セカンドオピニオンも積極的に実施しています。

〒572-0042大阪府寝屋川市東大利町11-4
072-803-7016

  • 駐車場完備
  • 診療時間9:40~18:00
  • 休診日土・日・祝
診療時間
9:40〜18:00

このページの先頭に戻る