ボツリヌス菌を注射したら、どんな症状が緩和されますか?

e-park
キービジュアル

ボツリヌス菌を注射したら、どんな症状が緩和されますか?

2019年01月30日

ボツリヌス菌を注射することによる歯科治療や医科の治療というのは、よく耳にしますよね。ボツリヌス菌を使用することで、いろいろな症状が緩和されるため、多くの歯科医院や病院で活用されています。ただ、実際のところどんな症状が緩和されるのか、よく知らない方が多いかと思います。ここではそんなボツリヌス菌療法によって緩和される症状を詳しく解説します。

 

 

ボツリヌス菌療法ってなに?

 

ボツリヌス菌療法とは、ボツリヌス菌が産生する毒素(ボツリヌストキシン)を使って薬剤を作り、筋肉内に注射する治療法です。身体のいろいろな部位に生じている筋肉の緊張をほぐすことで、さまざまな症状を緩和することができます。

 

 

どんな部位に効果があるの?

 

ボツリヌス菌による注入療法では、まず手足の筋肉のこわばりを緩和することができます。さらに、関節の動きもスムーズにすることができ、全身的な運動が滑らかになります。もちろん、筋肉や関節に生じている痛みなどの症状も緩和することが可能です。高齢者の方で、リハビリテーションを行いやすくするために、ボツリヌス菌療法を実施するケースは多々見られます。それから、歯科においては歯ぎしりや顎関節症の治療で、ボツリヌス菌療法を実施することがあります。

 

 

歯科におけるボツリヌス菌の活用例

 

歯ぎしりや食いしばりといった悪習癖があると、お口の中や顎関節にさまざまな悪影響が及びます。私たちがものを噛んだり、すり潰したりする力は非常に強いため、歯ぎしりや食いしばりが習慣化すると、歯や筋肉、関節にものすごく大きな負担がかかるからです。そこで有用なのがボツリヌス菌による治療です。ボツリヌス菌を注射することで、筋肉の異常な活動を抑え、痛みや顎関節症の症状などを緩和することができるのです。

 

 

ガミースマイルもボトックスで治せる?

 

ガミースマイルとは、笑った時に歯茎が目立つ症状で、それをコンプレックスに感じている方は少なくありません。ガミースマイルが生じる原因は人それぞれであり、症状の改善方法も患者さんによって異なります。骨格的な原因が大きい場合は、適切な外科処置を施さなければ、ガミースマイルの症状を改善することは難しいです。ただ、ボツリヌス菌によって口腔周囲の筋肉活動を抑制し、歯茎を目立ちにくくさせることも可能な場合があります。ガミースマイルの症状緩和にボツリヌス菌が有効かどうかは、事前の診断が不可欠といえます。

 

 

まとめ

 

このように、ボツリヌス菌を注射することで、歯ぎしりやガミースマイルなど、さまざまな症状を緩和することができます。さらに詳しく知りたい方は、まず歯科医院を受診してみてください。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。また、セカンドオピニオンも積極的に実施しています。

〒572-0042大阪府寝屋川市東大利町11-4
072-803-7016

  • 駐車場完備
  • 診療時間9:40~18:00
  • 休診日土・日・祝
診療時間
9:40〜18:00

このページの先頭に戻る