矯正歯科治療|床矯正・アソアライナー|かわさき歯科医院|寝屋川市駅から徒歩5分の歯医者。駐車場完備。

e-park
キービジュアル

矯正していることに
気づかれない矯正」

前歯だけ等の「部分矯正」
子供の歯並びを
低価格で改善する矯正」

上記のような患者様のニーズに
合わせた矯正治療を実施。

また、治療中、
虫歯・歯周病にならないための
システムが
確立
されています。

「大人の矯正」45万円~(税別)
「目立たない部分矯正」9万円~(税別)
「子供の矯正」30万円~(税別)

当院で矯正歯科治療された患者様の声

患者様のニーズに合わせた様々な矯正ご用意

出来るだけ「目立たないで」矯正治療をしたい、部分的に歯並びを改善したい、子供の歯並びを低価格で改善したいなどのお声を良く聞きます。そのご要望に応える矯正治療を当院では行っています。

次節から「成人矯正」と「小児矯正」に関して当院の矯正治療の特徴をご紹介させて頂きますので、下記の興味のある項目のボタンを押し、ご覧ください。

成人矯正のお話

矯正治療を望まれる成人の方からよくご相談を受けるのは「仕事をしているので、できれば目立たない矯正装置を付けたい」「部分的に矯正したい」などです。これらのご要望に対して当院では何ができるのかをこれからお伝えいたします。

ご要望1他人に気づかれず矯正治療をしたい!

皆様がイメージされている矯正装置は金属色が目立つものだと思います。
この金属色が気になり、なかなか矯正治療に踏み出すことができなかった方も多かったと思います。

矯正写真

当院では金属色の部分を「半透明にした装置」や、透明なマウスピースをお口にはめて行う「マウスピース矯正(アソアライナー)」を利用しておりますので、「装置が目立つのが・・・」と思われている方にも安心してご利用いただけます。

まずは「マウスピース型」の矯正装置(アソアライナー)をご紹介します。

アソアライナー

アソアライナー

マウスピース矯正は、1つのマウスピースで移動できる歯の移動量が限られています(最大で約1mm)。そのために、適切な位置へ歯を移動させるためには数段階のマウスピースが必要となります。

そのため、次の段階に移行する際、毎回型採りの作業が必要になりますので、その分、患者様の負担は大きくなります。しかし、これは一見デメリットに感じるかもしれませんが、実はこの型採りの工程を毎回踏むことはメリットでもあります。

それは、毎回歯型を取るため、その時点で最適な歯型を採ることができ、それに合わせたマウスピースを作成できるため、精度の高い矯正治療が可能になるためです。

アソアライナー

その他、マウスピース矯正は適応症例が限定されるという特徴も存在します。
しかし、これもまたデメリットでもありメリットでもあります。

メリット
アソアライナーの適応症例は下記のような状態の改善となります。
奥歯の咬み合せに問題のない前歯部の歯列不正や、後戻りの治療、スペースの閉鎖など。抜歯が必要な場合や大きな不調和、複雑な歯のコントロールなどはアソアライナーでの治療は困難となります。
デメリット
数種類のマウスピース型の矯正装置が開発されていますが、その中で「部分的」な歯の移動を行うケースでは一番「安価」に治療をすることができ、かつ、「治療の精度」も非常に高くなります。

半透明の矯正装置

半透明の矯正装置

歯の表面につける装置を金属ではなく、歯の色に良くなじむ「半透明」の素材を利用します。また、それぞれの装置を結ぶ「ワイヤー」と呼ばれる部分も金属ではなく、白い素材を利用することでより一層目立たなくすることが出来ます。しかし、「裏側矯正」「マウスピース矯正」と比べると若干目立ちます

歯の裏側に付ける矯正装置

皆さんがよくご存知の矯正は「歯の表側」に装置を付けるものだと思います。
しかし、裏側(舌側)矯正は、その名の通り、歯の裏側(舌側)に矯正装置を付けますので、他の人に気づかれることはありません。下の画像を見て頂ければ一目瞭然ですね。

矯正装置

また、よく患者様から次のような質問を頂きます。

質問の声

それぞれお答えいたします。

治療期間
結論から申しますと、表側矯正と裏側(下側)矯正の治療期間は変わりません。
当院では平均1年半~2年程度(ケースによっては2~3年かかることもあります)で治療を終了させています。
患者様がこのようなご質問をされるには理由があります。多くの歯科医院のホームページで、「裏側(舌側)矯正は表側矯正と異なり、処置が難しいためどうしても治療期間が延びてしまいます」と掲載されているためです。
院長である私はこれまで多くの裏側(舌側)矯正、表側矯正を手掛けてきましたが、治療期間に大きな差が出たことはございません。
治療中の違和感
もちろん歯に装置を付けますので、表側・裏側問わず、慣れるまでは違和感があります。しかし、当院で利用している装置は違和感を最小限に抑えるために従来よりも小型化されていますので、それほど気になさることはないと考えております。
虫歯のなりやすさ
結論からお伝えしますと、裏側矯正の方が虫歯になりくいです。
歯の裏側は、表側より3倍も厚いため、虫歯菌の出す酸に強く、また、歯の裏側には常に唾液が循環しているため、虫歯菌がこの唾液の静菌作用や殺菌作用によって増殖しにくくなっています。このような理由から、歯の裏側に装置を付けた方が虫歯になりにくいのです。しかし、表側・裏側に関わらず、装置を付けた状態でのブラッシングに慣れるまでは、虫歯になる可能性は高くなりますので、矯正中は歯磨きを徹底的にすることが大切です。

ご要望2前歯の隙間など部分的に治療したい!—部分矯正

前歯2本だけ、すきっ歯の部分だけ、八重歯だけ、下の歯だけなどご希望に応じて柔軟に対応可能です。

  • 治療前治療後

利用する装置、治療時間などが本格的な矯正と異なるため、部分矯正では低コストで治療が可能になります。また、あくまで「部分的」に歯を動かしますので、その分、治療期間も短縮(数か月で終了)されます。
しかし、歯並びの状態によっては、「部分矯正は難しいですので全体的な矯正をお勧めいたします。」とお伝えすることもございます。まずはお口を拝見しないことには何ともお伝えできませんので、お気軽にご相談ください。

小児矯正のお話

小児矯正

4人掛けの椅子に5人が座るとどうなりますか?どうしても無理に座る必要があり、デコボコした座り方になると思います。歯並びも同じです。
歯が生えてくる顎のスペースが狭いと、歯が重なりながら生えてくるしかなく(これを叢生と言います)、デコボコした歯並びになってします。

アソアライナー

こうならないためにはどうしたらいいのか?
それは、歯が生えてくる顎のスペースを広げればいいのです

そこで当院では「床矯正」という治療法を導入し、低年齢で従来の矯正治療ができないお子さんも、気になった時から矯正治療が始められ、極力、歯を抜かないで済む治療法をご提案しています。

では、床矯正とはどのような矯正なのかと気になりますよね。床矯正は、主に入れ歯に似たような装置をネジで巻いて口の中にはめ、顎の大きさを拡大さていきます。幼児でも簡単にとりはずしができ、快適に矯正治療ができます。

この装置は、以下のような特徴があります。

床矯正のメリット
  1. 小学校低学年が一番効果絶大です(状態によっては4歳ぐらいからも治療可能)
  2. 極力歯を抜かないで矯正が可能です。(歯を抜く必要もある場合があります)
  3. 取り外しができるのでむし歯や歯周病、歯肉炎になりにくい。
  4. ワイヤー(針金)を使った矯正治療よりは見た目が良いです。
  5. 歯並びが変わることで顔つきが良くなることがあります。
  6. 患者さんが一緒に「参加」する治療ですので治療内容が理解、把握できます。
床矯正のデメリット
  1. 患者さんの協力が必要になるので「やる気」が大事です。
  2. 12歳以上でも治療可能ですが、大人の歯は大きく、またあごの骨がお子さんと比べると硬いため時間がかかる場合が多いです。

お子様の歯並びの場合、親御さんが「矯正した方がいいかな?」と思った時は、適切な治療開始時期を逃してしまっていることが多々ありますので、治療するしないにかかわらず一度ご相談にお越しください。プロの目で診断することで、今後どのように歯が動いていくのかを予測できますので、治療が必要になるか否か、治療開始時期はいつ頃がいいかなどをお話しさせて頂きます。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。また、セカンドオピニオンも積極的に実施しています。

〒572-0042大阪府寝屋川市東大利町11-4
072-803-7016

  • 駐車場完備
  • 診療時間9:40~18:00
  • 休診日土・日・祝
診療時間
9:40〜18:00

このページの先頭に戻る