かわさき歯科医院|寝屋川市駅から徒歩5分の歯医者。駐車場完備。

e-park
キービジュアル

差し歯が入っているあなたは口臭に注意。

2018年06月25日

きちんと歯を磨いているのになんだか差し歯のあたりの匂いが気になることはありませんか。差し歯は汚れが溜まりやすく口臭の原因になることがあります。それはなぜなのか、今回は差し歯と口臭の関連性についてお伝えします。

 

 

 差し歯とは

よく「差し歯」と言いますが、この差し歯とはいわゆる俗称で、前歯の人工歯のことです。前歯の神経の治療を行ったとき、最終的に入れる人工歯であり、複数歯の場合はブリッジの場合もあります。保険診療の場合は表側が白いレジンで裏側が金属、自費診療の場合はすべてセラミックでできているオールセラミックや、少し前なら表側がセラミック、内側が金属のメタルボンドなどが前歯の人工歯でよく使用されています。

奥歯の場合は差し歯ではなく、被せ物とよく言われるクラウンとなります。

ただ患者さんはすべてを総称して「差し歯」と言うことが多いようです。

 

 

 なぜ差し歯のあたりが匂うのか

 

ではなぜ差し歯から匂いがするのでしょうか。差し歯や銀歯のあたりの匂いの原因はいくつか考えられます。

 

・差し歯にした歯が二次カリエスになっている

・歯と差し歯の隙間に汚れが溜まっている

・歯周病になっている

 

以上挙げた原因の中でも最も多く見られるのが、差し歯の下で新たな虫歯ができる「二次カリエス」です。歯と被せ物の間には境目が生じるため、その隙間から虫歯菌が入り込んで内部で虫歯になる二次カリエスになると、そこから匂いが生じます。特に神経を取った歯の場合、痛みがなく症状が進行するため二次カリエスに気づきにくいのです。

被せの下に二次カリエス二次カリエス被せをとったとこ

二次カリエスの進行具合では最悪、抜歯になってしまう可能性があります。

 

歯と差し歯の間の隙間に食べかすや汚れが付着すると匂いが生じ、口臭として現れることもよくあります。食べかすや汚れが溜まると歯ぐきが腫れ、ブラッシング時に出血することもしばしばあります。

 

歯周病も口臭の大きな原因です。差し歯の周りにプラークが溜まるとそこへ歯周病菌が入り込んで毒素を出して歯ぐきに炎症を起こし、歯肉炎や歯周炎を引き起こします。歯周病が進行すると、かなり強烈な匂いが出るため、さし歯にイヤな匂いがする場合は歯周病になっていると考えられます。

歯肉炎が進行して歯周炎になると、歯周ポケットが深くなるのでさらにプラークが溜まりやすくなります。その結果、歯周病菌が出す毒素と汚れが混ざって強烈な口臭になってしまうのです。

 

 

 差し歯が入っている人は、入念な口腔内ケアを

差し歯そのものは虫歯になりません。ただし差し歯は自分の歯を残して人工歯を被せるため、自分の歯と歯ぐきの間にプラークが溜まりがちになります。また保険診療の場合、どうしても精度が劣るため自分の歯と人工歯の間の隙間に段差が生じます。そのためどうしても二次カリエスのリスクが出てくるのです。

 

口臭を軽減するためには、人工歯を保険のものではなく、オールセラミックなどの自費のものを選ぶことで歯と人工歯の段差がほとんどなくなり、二次カリエスのリスクはかなり低くなります。

また口腔内ケアを入念に行うことは、口臭予防として欠かせません。通常のブラッシングだけではどうしても歯と人工歯の間の汚れが落とせません。デンタルフロスや歯間ブラシを使うこと、そして定期的に歯科医院でメンテナンスを行うことで少しでも差し歯による口臭を改善するようにしましょう。

個別相談

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。また、セカンドオピニオンも積極的に実施しています。

〒572-0042大阪府寝屋川市東大利町11-4
072-803-7016

  • 駐車場完備
  • 診療時間9:40~18:00
  • 休診日土・日・祝
診療時間
9:40〜18:00

このページの先頭に戻る